スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年度夏の研究集会終了の報告

昨日、雨天ながらも聴覚障害英語教育研究会夏の研究集会を無事に終えました。

総勢24名の参加を迎え、牛嶋先生と村上先生の研究報告に続き、アメリカ手話講師からクラスルームで使うASL表現を学びました。

以下の写真は研究会の様子です。







研究会終了後は近くのお店で餃子をいただきながら交流を深めることができました。



なお、研究会に先立って行われた総会で確認された運営委員は以下の通りです。

代表 対馬先生(大宮ろう)
事務局長 秋山先生(川崎)
会計 新井先生(春日部武里小)
監査 廣瀬先生(附属)
牛嶋先生(中央)
運営委員 鈴木先生(千葉)
須藤先生(技大)
細野先生(技大)
藤原先生(名古屋)
西村先生(大阪市立)

研究会の資料をご希望の方は1000円の会費を納めて会員になっていただければ、事務局よりメールで送付します。事務局までご連絡ください。

今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト

2016(平成28)年度 夏の研究集会のご案内

2016(平成28)年度 夏の研究集会のご案内

日時:平成28年8月20日(土)
会場:埼玉県立特別支援学校大宮ろう学園2階会議室
〒331-0813
さいたま市北区植竹町2-68

参加費 一律3,000円

申し込み先
tsushima.takashi.fc★spec.ed.jp
事務局の対馬(つしま)まで以下を明記のうえ、★を@に変更してメ-ルでお願いし
ます。
・氏名
・所属
・聴者/ろう者
・会員/非会員の別

タイムスケジュ-ル
10:30 役員集合
11:30-12:30 総会
12:40 受付開始
13:00 開会のあいさつ
13:10-14:10 実践報告1、質疑
 東京都立中央ろう学校 牛嶋文先生
 「コミュニケ-ション英語Ⅲにおける文構造を考えながらの英文読解」
14:10-15:10 実践報告2、質疑
 千葉県立千葉聾学校 村上 理恵子先生
 「通常の学級における きこえにくい子どもの外国語活動」
15:10-15:20 休憩
15:20-16:20 ASLワ-クショップ
 (アメリカ手話協会講師)
16:20-17:00 参加者による情報交換

17:00 閉会のあいさつ

*終了後会場近隣にて懇親会を予定しております。

アクセス:
JR宇都宮線(上野東京ライン、湘南新宿ライン)土呂駅下車 徒歩8分
JR大宮駅東口より9番東武バス宮原行き「植竹」或いは「植竹住宅」下車すぐ
東武野田線 大宮公園駅下車 徒歩20分

2015年度夏の研究会終了報告

この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

2015年度 聴覚障害英語教育研究会夏の研究集会のご案内

2015年度 聴覚障害英語教育研究会 夏の研究集会のご案内

次の通り、今年度の夏の研究集会を名古屋で開催の運びとなりました。
参加希望者は事務局(対馬)まで次の事項を添えてお申込みください。
・氏名
・所属
・ろう者/聴者
tsushima.takashi.fc★spec.ed.jp
★をアットマーク半角に変えて送信してください。
皆様のご参加をお待ちしております。

開催日: 2015年8月29日(土)
会場: 名古屋学院大学名古屋キャンパス日比野学舎 301号室
(注:白鳥学舎のほうではありません)
〒456-0062 名古屋市熱田区大宝三丁目1番17号
地下鉄名港線
日比野駅下車5番出口徒歩1分 (日比野駅上)
http://www.ngu.jp/outline/access.html
参加費 3500円

スケジュ-ル
11:30 総会
12:00 昼食
-------------------------------------------
12:30 受付
13:00 開会あいさつ

13:05 報告1: 霞ヶ浦聾学校中学部 伊藤知絵先生(30分)
「小学部の外国語活動と中学部の指導」

13:35 質疑応答(20分)

13:55 交代(5分)

14:00 報告2: 三重聾高等部 櫻井誠人先生(30分)
「高等部の指導
 和訳の指導方法について考える~書記日本語力を高めるために~」

14:30 質疑応答(20分)

14:50 交代、休憩(10分)

15:00 講演・ワークショップ(60分)
名古屋学院大学教授 ウィリアム J. ハロフスキ-先生
「聴覚に障害のある大学生のための英語教材」

16:00 質疑応答

16:20 参加者交流、情報交換(40分)

17:00 閉会あいさつ

-------------------------------------------

終了後、会場近くの中華ダイニングで交流食事会を予定しています。

2014年度夏の研究会終了報告

8/23の研究会は大阪ろうあ会館で開き、総計27名の参加者を迎え、盛会のうちに終えました。

参加のかたがたの顔ぶれは東西に渡り、聴覚障害英語教育に携わる、または携わっていた方がたから、現在学生の方もいらっしゃいました。
聾者の参加者も数名あり、闊達な意見交換ができました。

実践報告はまず、大阪市立聴覚特別支援学校から「英語科の取り組み」と題して、阪本先生と中島先生から中学部の発表をいただきました。

つぎに大阪府立だいせん聴覚高等支援学校の石津先生と坂本先生から、「高等部の英語指導」と題して、実践報告に加えICT機器の導入について、また、国際交流事業について発表をいただきました。

講演では筑波技術大学の松藤みどり先生より、「聴覚障害者版のCAN-DOリスト作成の提案」と題して、当会の発足のながれをはじめ、グローバル化に対応した英語教育改革実施計画と現状について、さらに聾学校のCAN-DOリスト作成に向けた提案がありました。

写真は研究会の様子の一部です。
参加者はメーリングリストにて感想やご意見をいただけましたらありがたいです。









プロフィール

deafeng

Author:deafeng
聴覚障害英語教育研究会は、2000年7月29日に発足集会が行われ、交流誌「そよかぜ」の編集・発行、deafengメーリングリストの運営、総会・研究集会の企画および実施をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。