FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年度夏の研究会終了報告

8/23の研究会は大阪ろうあ会館で開き、総計27名の参加者を迎え、盛会のうちに終えました。

参加のかたがたの顔ぶれは東西に渡り、聴覚障害英語教育に携わる、または携わっていた方がたから、現在学生の方もいらっしゃいました。
聾者の参加者も数名あり、闊達な意見交換ができました。

実践報告はまず、大阪市立聴覚特別支援学校から「英語科の取り組み」と題して、阪本先生と中島先生から中学部の発表をいただきました。

つぎに大阪府立だいせん聴覚高等支援学校の石津先生と坂本先生から、「高等部の英語指導」と題して、実践報告に加えICT機器の導入について、また、国際交流事業について発表をいただきました。

講演では筑波技術大学の松藤みどり先生より、「聴覚障害者版のCAN-DOリスト作成の提案」と題して、当会の発足のながれをはじめ、グローバル化に対応した英語教育改革実施計画と現状について、さらに聾学校のCAN-DOリスト作成に向けた提案がありました。

写真は研究会の様子の一部です。
参加者はメーリングリストにて感想やご意見をいただけましたらありがたいです。









スポンサーサイト
プロフィール

deafeng

Author:deafeng
聴覚障害英語教育研究会は、2000年7月29日に発足集会が行われ、交流誌「そよかぜ」の編集・発行、deafengメーリングリストの運営、総会・研究集会の企画および実施をしています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。